もともとモノ作りが好きで、学生時代はハンドメイド作家として活動していました。

いくつかの店舗に置いていただいたり、ネットでの販売を行ったりとしている中で、自分の好きなことで稼ぐ難しさに気づいたのがこの時期です。

学生時代

就活時代

内定をMRS含めて2社から頂き、最後の最後まで悩みましたが、MRSに決めた理由は、

目標に向かって進むのがしんどくなったとき、

周りの人たちが私以上に「もっとできるって!」と背中を押してくれると感じたからです。

実際入社して一年経ちますが、やはり私がしんどいと弱音をはきそうになったとき、

ゴールを教えてくれて、お前ならできると背中を押してくれました。

入社1年目

人生でこんなにも行動し、成長を着実に感じた一年は初めてでした。

一年で携わった業務の種類も非常に多く、任せていただける仕事の重要度も責任感も、他社の新卒では決して味わうことのできないものを経験することができました。

また自由度高く『やってみろ』と言ってくれたおかげで、人として考え方が一歩進んだ一年でもありました。

現在

現在は役職も上がり、TA部門という人を扱う部門の東京支店を任せていただいています。

やりがいだけでなく『私が動かないと終わる』というプレッシャーの中、日々奮闘しています。もちろん仕事は楽しいものばかりでないですし、毎日しんどいです。

辞めたくなる時もあります。

けど今必死にやっていることを振り返った時に成長した!と感じれることを知ってるので、ゴールを見て走り続けています。

10年後

正直10年も先のことを想像するのは難しいです。

ですが人生の目標はあります。

皆さんのような学生や高校生が本気でやりたいこと、自分が得意だと思える分野で活躍できるようなお手伝いをしたいと思っています。

この目標だけはブレることなくその時その時ですべきことを積み重ねていきます。

やらない後悔よりやる後悔

私はTempAgency部門にて内勤・外勤・管理の3つの業務に携わっております。

仕事内容としては、アルバイトスタッフを採用しコールセンター業務を行っている企業様に派遣しています。

部門の特性上、いろんなスタッフに出会う機会があり、

多種多様な考え方・プライドを持った人達がやってきます。

私の人生の目標が

【人それぞれが自分に合った環境で活躍できるようサポートすること】

ですので、今関わっているこの仕事はいろんなことを考えさせられます。 また現場だけでなく管理側にも携わっております。

管理としては事業として今後どうしていくのか/マーケティング手法をどうするのか、といったことを試行錯誤し方向性を定めるようなことをしています。

もともとマーケティングに関わる仕事に関わっていきたいと学生時代から考えていたため、

社会人1年もたたないうちにその分野に携わらせて頂けているのは非常に有難いです。

自分が提案した内容が採用され、それによって部門としての利益に貢献できたときは非常にやりがいを感じることができます。

このようにあらゆるフェーズに携わって仕事をしております。

そんな中私が一番重要にしていることは【まずやってみること、行動してみること】です。

やらない後悔よりやる後悔とはよく言ったもので、その言葉の重みを今はすごく感じています。

動かなければいい結果も悪い結果も出ません。その時は悪い結果だと感じても、後々どこかで生きてくることも大いにあります。

私はこの一年間の行動によって生まれた結果全て、今のポジションにつながっていると感じています。